女性管理職の時代がくる

女性も活躍する世の中です

結婚生活とキャリア

女性の社会進出はどんどん進んでいっています。

そういった状況が婚期をどんどん遅くさせていっています。また、一生を独身のまま過ごす女性も少ないと言えます。女性で結婚する人が減っているということはおのずと男性も独身の人が増えているということです。私は結婚していますが、もしも、結婚していなかったら、一生を一人で過ごしていくわけですから、ある程度経済的に余裕ができる高収入を得られる仕事をしていたと思います。それに加えて、一生働くことのできる仕事です。贅沢を言えば、仕事にやりがいを感じていて、多少出世できていれば最高に楽しいと思います。日々、仕事で満たされて、収入はすべて自分のために使うことができます。それに、家事なども自分のペースですればいいのです。結婚していると、決まった時間にご飯の支度をしなくてはいけません。独身時代のように今日は外食で済ませよう、ということが頻繁にはできなくなります。正直なところ、独身の方が気楽に過ごしていけると思います。仕事に精を出している独身女性に彼氏ができたとしても、おそらく面倒なのだと思います。これは、シングルな時間の長かった男性にも言えることです。そして、以外にも、男性は料理や掃除などそつなくできる人が多いです。昔なら女性の仕事と言われていた家庭での仕事が自分でこなせるのですから、女性との結婚は面倒くさい以外のなにものでもないのかもしれません。この先、週末婚のようなたまに一緒に過ごす、ような夫婦の形が主流になっていくのかもしれません。